医院開業支援☆お役立ちガイド

TOP > 医院開業の豆知識 > 医師として考えておきたい医院開業のポイント

医師として考えておきたい医院開業のポイント

医師の多くが、医院開業して自分の医院を持つということを考えた経験はあると思います。
従来から、自分の医院を開業するということは、医師にとっての一つの大きなステータスでもあります。
自分の看板を掲げ、医師としての技術を駆使して人々に医療を提供するというのは、すばらしい地域貢献です。
順調に経営できれば、収入面でも大きくアップすることもできます。
しかし、医院開業は決して単純なことではありません。
資金や経営について綿密な計画を立てなければ、医院を開業してもうまくいかないケースもあります。
さらに、医院にはスタッフを雇うことも必要です。
人事についても専門知識を持たなければなりません。
医院開業をするには、医師としての専門性や技能に加えて、多様な実務能力が求められるのです。


医院を健全に経営していくためには、収支の計画をきちんと立てることが必要不可欠と言えます。
診療科目によって診療報酬は異なりますので、開業しようとする科目での収入はいくらになるのか、計算する必要があります。
患者の人数も重要です。
地域によっては、同じ診療科の医院が既に多くある場合もあります。
患者が少なければ、それだけ収入が見込めないことになりますので、開業しようとする地域の医療機関の数や種類を確認することは欠かせません。
さらに、支出についてもよく検討しておくことが必要です。
開業するための資金にとどまらず、継続的にかかる家賃、人件費、医療機器の費用など、必要経費を明らかにすることです。
収入と支出のバランスがきちんととれるかどうか、事前にしっかりと計画を立てるべきでしょう。


医院を開業するとなると、医院で働いてもらうスタッフの募集や採用、さらには雇用主としての事務など、人事の仕事も行わなければなりません。
いかにして有能な人材を集めるかということは大切です。
適さない人材を採用した場合、後に問題が起こることもあるからです。
採用応募者には、複数回面接を行うなどして、その人がこの医院で働くのに適しているかどうかを見極める必要があるでしょう。
社会保険の手続など、医師としての知識や技術だけでは対応できない分野の仕事が大きく増えます。
こういった専門性の高い事務のためには、適切な専門家の力を借りることも検討するべきでしょう。
いずれにしても、医院の運営、そして地域の医療のために一緒に力を尽くしてくれるスタッフの存在が、医院を健全に経営していくためには必要です。

カテゴリー