• このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪でアパート経営するときにかかる初期費用とは

サラリーマンとして毎日働いて収入を得るのもいいのですが、アパートなどを所有して家賃収入を得るという暮らしかたもあります。ぼーっとしていても旅行をしている間にも家賃収入は発生するので、何もしなくても生活できるというイメージをもつ方もいらっしゃるでしょう。しかし、アパートを経営し始めるときにはそのアパートを購入する費用だけでなく、いろいろな諸費用がかかります。業者に一括でお願いするもいいですが、それをすると予想以上に高い支出になることが多いです。特に大阪は東京の次に大きな都市なのでそのあたりの相場も高いです。新しくアパートを購入して、家賃収入が得られるようになるまでにはある程度の諸費用がかかるので、その資金を準備しておく必要があります。

人が住むための設備を揃える費用が高い

自分でおうちを購入するときにはクーラーなど快適に過ごすための設備はもちろん自分で買いますが、アパートは数年単位で住む人が大半なので必要な設備はあらかじめつけておく必要があります。例えばクーラーはいいものであれば1台10万円以上しますが、それを台数分購入することになるので部屋数が10部屋しかなかったとしてもそれだけで100万円かかります。できるだけ設備をリーズナブルなもので揃えることも可能ですが、それでも部屋数分のものを揃えるとなると予想以上にお金がかかるものです。大阪は部屋もたくさんあり、お客さんが選ぶ側なのでいい設備を入れることで差別化することが可能です。逆に言えば安いものばかり使っていると、人によっては見抜かれて敬遠されることもあります。

不動産屋との契約にかかる費用も高い

自分自身で住んでくれる人を全員誘うことが出来れば一番安く済みますが、そんなオーナーはほとんどいません。初期費用として一番かかるのが不動産屋と契約して、入居者が決まったときにとられるお金かもしれません。アパート経営はできるだけ空室が増えないようにすることが大切ですが、契約にも初期費用としても不動産屋にはまとまったお金を支払う必要があります。アパート経営は物件を持っているだけであとはなんでも業者に任せればオッケーというイメージもありますが、実際はそこまで楽ではありません。初期費用だけでなく、住人が汚したものを原状回復する費用なども必要ですし、なかなか手間がかかります。特に大阪は物件がたくさんあるので効率的に収入を得ることと、そのあたりのバランスが大切です。

ピックアップ記事

アパート経営を実践し大阪での副収入を考える方へ

大阪は西日本エリアで人口増加の続く活気あふれる商業地域です。空港等の旅客施設の多い大阪でアパート経営を実践し副収入を考える方も多くなっています。アパート経営を行う場合には、立地条件が大切になっていきま...

大阪でアパート経営するなら空室に注意

アパート経営で家賃収入を得ている人は多いですが、その土地によっていろいろな特色があるためそれに応じた運営をすると効率的に収入を得ることが出来ます。例えば関東と関西で敷金などの相場が違ったり、大阪と京都...

大阪でアパート経営するときにかかる初期費用とは

サラリーマンとして毎日働いて収入を得るのもいいのですが、アパートなどを所有して家賃収入を得るという暮らしかたもあります。ぼーっとしていても旅行をしている間にも家賃収入は発生するので、何もしなくても生活...